report

工場見学レポート2019.12.11

クリエイターが考える、理想の家づくり。

見学会に参加し、集成材のプレカットの様子を間近で見たジェリーさん一家。実際に話を聞いて、工場を見学することでSE構法がなぜ安全なのか、わかってきたと言います。次は本日の見学会のハイライトでもある建て方の実演が始まります。目の前でSE構法の家を建てる様子を見学できる貴重な機会です。

3

目の前で、あっというまに家が建つ

先ほど見学したSE構法用の集成材を使い、剛接合で家が組み立てられていきます。ホゾ継ぎに比べて断面の欠損が少ない方法で柱と梁を接合します。また、SE構法ではさらなる安全性を確保するために業界で初めて全棟「Sボルト」を採用。Sボルトとは従来の金物工法の欠点を克服するために開発された特殊なボルトで、通常の2倍の強度を誇ります。木材が経年変化によって乾燥収縮しても、ボルトが食い込み定着するので、強度を維持することができます。

集成材が運ばれ、手際よく組み立てられていきます。
「家がこんなに簡単に建ってしまうなんてびっくりしました。でも簡単に建てられるってとても大事なことですよね。失敗がなくなるし、手の抜きようがないんだから」
と驚くジェリーさん。

建て方作業完了。完成した家の二階部分に登ってみます。
ボルトを打ち込むなど、家を作る作業が体験できます。最後に、六花ちゃんは作業用のクレーン車にも乗せてもらっていました。
目の前で作られていく家を見て、触れて。家作りが身近になり、お子様連れの家族にも喜ばれるイベントでした。

安全性の高い家の大切さ

イベントを終えて、帰路につくジェリーさんに今日の見学会の感想を聞きました。
「SE構法はなんとなく理解しているつもりでしたが、実際に話を聞いたり、建て方の様子を見たりすることで、安心で自由な木造建築が可能だということを体感できました。僕にとって家は家族との時間を過ごす場所であり、仕事場でもある。長い時間を過ごす大切な場所なんです。もし、いつか自分で好きな家を建てられるなら自然のなかにSE構法で木造の家を建てたいと思いました。安心して住むことができる家を、自分の好きなレイアウトで建てられるなんて、僕の理想を叶えてくれる夢のような構法です」
満足気な様子のジェリーさん。夢の二拠点生活に新たな選択肢が加わった、京都の見学会でした。

SE構法についてのお問い合わせ株式会社エヌ・シー・エヌ