MENU

重量木骨の家とは、
資産価値の高い
家のこと。

選ばれた地域の工務店である
重量木骨プレミアムパートナーが
耐震構法SE構法を利用して建築する
資産価値の高い家の総称です。
高い耐震性能や省エネ性能に対する報告書、
認定長期優良住宅に加え、
他社に先駆けての耐震シミュレーションの導入や
第三者機関による現場検査、完成保証等
ハウスメーカーに遜色ない性能品質と、
高いデザイン性を融合させた家です。

重量木骨の家の
資産価値が高いのは
3つの条件全てを
満たしているから。

① 優れた住宅性能
耐震構法 SE構法

「構造用集成材」を採用している

SE構法の構造躯体に使用する木材には、全て「構造用集成材」が使われています。
「構造用集成材」とは、十分に乾燥され強度ごとに分類した「ラミナ」と呼ばれる木材を、科学的に計算しながら張り合わせた「エンジニアリングウッド」のことです。

SE金物を使った断面欠損の少ない接合部

一般の在来木造工法と呼ばれる工法では、柱と梁をつなげる部分に「ほぞ」といわれる穴加工をしているケースがほとんどです。これについてはその部分の強度不足が問題視されています。昔の寺社仏閣のように、20㎝以上の太い柱を使っていれば問題ないのでしょうが、現在の12cm程度の柱に穴をあけると、残る部分があまりにも少なくて、その部分の強度は著しく落ちます。大地震の際にこの接合部が壊れたケースも多く見られました。

柱の引き抜き強度が高い

先の「熊本地震」でも大きな話題になりましたが、大きな地震による揺れが発生した時に、最も壊れやすい部分が柱と基礎の連結部分です。建物が大きく揺れるとその主要な柱に大きな引き抜きの力がかかってしまうのです。この部分が弱いと、大地震時に柱ごと引き抜かれて建物が大きく損傷します。この柱の引き抜き強度というものは「阪神淡路大震災」以来、大地震の際には大きく注目される要素です。


構造計算と
耐震シミュレーション

全ての家で、耐震等級3を標準とした構造計算により、安全性を数値化し、工事着工前に報告書を提出します。
また、実際のプランで、過去の大地震(兵庫県南部地震、東北地方太平洋沖地震、熊本地震)の地震波に対する安全性をシミュレーションします。

構造計算とは

地震や災害に対して、建物が変形したり倒壊しないかを科学的に検証することにより、建物の強さを明確化することです。
構造計算されていない木造が多い中、重量木骨の家では、全ての建物において構造計算による安全性を確認しています。

耐震シミュレーション

契約前の段階で、実際のプランを用いて耐震性能を確認できるSE構法専用の地震シミュレーションツールを使ったサービスを2020年4月より開始しました。
プランを検討中の自邸を3つ(阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震)の地震波でシミュレーションすることで、在来工法で建築をした場合との比較を可視化できます。

構造計算ナビ報告書

構造計算にもとづき5つの項目を数値化し、報告書として提出いたします。

  • 家の重さ(+雪の重さ)
  • 地震に対して建物の強さとなる耐震等級を設定
  • 風(台風)に対して建物の傾きをどれだけ抑えるか
  • 中地震(震度5強程度)に対して建物の揺れ幅をどれだけ抑えるか
  • 大地震(震度6強程度)対して建物が倒壊・崩壊しないか

事前に建物の安全性を確認することができるサービスです。


温熱計算による優れた快適性と省エネ性能

外皮性能 
平均Ua値=0.52(5・6地域)

外皮性能とは、「断熱性」、「日射の入り方」といった設備に頼らない、建物自体の性能のことです。熱の逃げやすさ(UA値)と、夏の日射の入りやすさ(ηAC値)を計算で求め、どのくらい性能が優れているかを見ることができます。

「一次エネルギー消費量」とは

一次エネルギー消費量とは、その家の外皮性能の他に、「設備機器性能」、「地域の特性」、「建物の規模」をもとに計算された1年間の電気・ガス・灯油などの消費量のことです。
これらをエネルギーの単位「J(ジュール)」に換算して合計し、その家が年間にどのくらいのエネルギーを使用しているのかを見ることができます。

省エネ計算を用いた優遇制度

省エネルギー計算を行うことは、住む前に快適性や光熱費を確認するだけではなく一定以上の性能を達成することで様々な優遇制度を活用することができます。

NCNではただ省エネルギー計算を行うだけではなく、
各優遇制度に応じた仕様の提案・技術的審査の適合サポートまでおこなっています。

② 高いデザイン性

ビルトインガレージ

その中で、自動車で移動するということは、安心、安全な生活を守る上である程度必要になってくるのかもしれません。そういったことも踏まえて家づくりを考えたとき、車が生活の中に自然に取り入れられるような仕掛けの一つとして、ビルトインガレージがあります。ビルトインガレージの空間としてのメリットや過ごし方の工夫について見ていきましょう

吹き抜け

重量木骨の家に用いられるSE構法は、構造的に必要な柱や壁が少なくても耐震性の高い空間が実現できることが大きな特徴です。
「その階全てが仕切りのないワンルーム空間」のような更に、横の広がりだけでなく、天井高を高くして上にも広がり感のある空間も安全に設計できるので、大きな吹き抜けを用いた「開放的な大空間」が実現可能となります。

スキップフロア

空間を段差によって有効利用。横の広がりも大切ですが、上下での空間の広がりも、また違った住宅のあり方を提案します。
「重量木骨の家」では、スキップフロアを活用することで、家族のプライベート空間の演出とともに、家族を感じる空間作りを可能にします。

3階建て

一般的な壁量計算のでは耐力壁によりプランの制限ができたりしますが、「重量木骨の家」は、SE構法による全棟構造計算・木造ラーメン構法の特性を活かして、空間を有効利用するとともに、プランの自由度も広がります。

③ 保証や長期優良住宅認定取得などによる
ソフト面でのメリット

保証について

住宅完成保証
万が一建設会社が倒産した場合でも、円滑に工事が再開され必ず建物が完成する制度。
瑕疵担保責任保険(重量木骨の家 認定品質住宅)
構造上主要部や雨漏りなど、瑕疵があった場合の補修や損害賠償を行う保険です。
基礎・構造躯体・開口部の防水といった、完成後は見えなくなってしまう工程において、現場検査と写真を報告書として提示します。
SE住宅性能保証
住宅の構造に対する最長20年間の保証書を発行します。(引渡日から10年間+10年の保証期間の任意延長)
※一部のプレミアムパートナーでは(株)住宅あんしん保証以外の保証会社を利用している場合もあります
長期優良住宅認定取得
長期優良住宅の認定を受けた重量木骨の家は、移住・住みかえ支援適合住宅制度の登録も可能です。これは将来、住宅を賃貸住宅として活用したいときに、賃貸料を保証してくれる制度。急な転勤などでも、今の家を空家にすることなく賃貸住宅として活用できます。賃貸住宅として活用することも、家を住み継ぐためのひとつの方法です。
  • 劣化対策
  • 耐震性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 省エネルギー性
  • 居住環境
  • 住戸面積
  • 維持保全計画
  • 住宅履歴情報の整備

マイホーム借り上げ制度

将来にわたって良質で長寿命な住宅供給を目的とする制度です。
移住・住み替えを希望されるお客様のご自宅を「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が最長終身にわって借り上げ、国土交通省・厚生労働者管轄の基金による後ろだてにより、制度利用者に安定した家賃収入を保証する制度です。

動画で見る
「重量木骨の家」

  • 地震・台風に強い家

  • 風と光と暮らす家

  • 強く美しい家

  • 資産価値のある家

性能について

耐震性能
地震と台風に対して、全棟構造計算による安全性を確認することで、耐震等級3ならびに耐風等級2を取得。
省エネ性能
省エネルギー基準の義務化を見据え、外皮計算及び一次エネルギー消費量計算による省エネ基準を満たすとともに、パッシブデザインを取り入れ快適な空間を実現できます。
耐久性能
認定⾧期優良住宅や性能評価を取得することにより、各種税控除やローン控除を受けることができます。

保証について

住宅完成保証
万が一建設会社が倒産した場合でも、円滑に工事が再開され必ず建物が完成する制度。
瑕疵保険(検査)
構造上主要部や雨漏りなど、瑕疵による不具合の補修等を行う保険です。基礎・構造躯体・開口部の防水といった、完成後は見えなくなってしまう工程において、現場検査と写真を報告書として提示します。
完成引渡し後の構造保証
住宅の構造に対する最長20年間の保証書を発行します。(引渡日から10年間+10年の保証期間の任意延長)

保証について

耐震構法SE構法の開発・供給元の株式会社エヌ・シー・エヌと連携し、資産価値の高い家の普及を目指す提案力と技術力を併せ持つ工務店・住宅会社が重量木骨プレミアムパートナーです。
全国各地の重量木骨プレミアムパートナーは資産価値の高い家を普及させるために、1社では限界のある研究や技術開発を、ネットワークを通じて定期的な研究会やワークショップにて、最新の知識や技術の取得・共有に努めています。

住み続けること、住み継ぐことを考える
重量木骨の家では、住まう人の「今」を考えるのは当然のこと、住み続けるために「未来」を見据え、ライフスタイルや家族構成の変更に合わせて、耐震性能はそのままで自由に間取の変更ができるスケルトン&インフィルの発想でプランニングしています。
一般的な木造住宅の場合、多くの間仕切壁は構造上必要な壁であり、取り外すことはできません。重量木骨の家が標準採用する耐震構法SE構法は高い性能を有しているだけでなく、その安全性を正確に確認するために全棟許容応力度計算を実施しています。その結果、通常の木造住宅に比べ、構造上必要な壁の枚数が圧倒的に少なく、ライフステージの変化に合わせて3部屋を1部屋にしたり、上下階に吹き抜けを設けるなど、大規模なプランの変更が可能になります。
さらに長期優良住宅の認定を受けた重量木骨の家は、移住・住みかえ支援適合住宅制度の登録も可能です。これは将来、住宅を賃貸住宅として活用したいときに、賃貸料を保証してくれる制度。急な転勤などでも、今の家を空家にすることなく賃貸住宅として活用できます。賃貸住宅として活用することも、家を住み継ぐためのひとつの方法です。