重量木骨の家 耐震構法・SE構法

MENU

Hobbyhouse ~趣味の家~

01

ピアノを弾き、星空を眺める。
家族の「楽しみ」が詰まった心地良い住まい

SE構法のプレミアムシリーズである重量木骨の家は、
さまざまな趣味やこだわりをもったお施主さんから多くの支持をいただいています。
そうした素敵なお施主さんのライフスタイルに迫るこの連載、第1回は群馬県高崎市に住むHさんご家族です。

家族みんなで楽しむグランドピアノ

地域で人気のパン屋さんを営むご主人と奥様、小学生の娘さんというHさんご一家。穏やかなご主人と元気で明るい奥様、そして娘さんの仲の良さがとても印象的なご家族です。
約半年前に完成したHさん邸はキッチンを中心にさまざまな空間が繋がるとても開放的な構成。中におじゃましてまず目に入るのが大きなグランドピアノです。

「フジコ・ヘミングさんがピアノを弾きながら猫と暮らしているのを本で見て、そういう生活に憧れていました。だからここを建てるときに老後の楽しみにピアノが置ける家にして欲しいとお願いしたんです」。(奥様)

「当初はすぐにグランドピアノを置く予定はなかったのですが、いつの間にか(笑)。元々妻がピアノをやっていて、僕は音楽自体ほとんどやったことがなかったので、眺める風景としては良いなと思っていましたが、そのうちにやってみたいという想いが湧き上がってきて、今僕も教室に通いながら楽しんでいます」。(ご主人)

最初は老後の楽しみに、という軽い気持ちでピアノをはじめたご主人。しかし実際に弾きはじめると、新しい刺激がとても楽しいそうです。

吹き抜けのリビングからグランドピアノが置かれた書斎を見る。カウンタータイプの机はとても使いやすく、奥様の仕事や娘さんの宿題がとてもはかどるという。

「パンづくりをしている僕にとってこれまでにない感覚というか、新しい感じ方がインプットされていく楽しさがありますね。仕事とは全然違う脳を使うのでストレス解消にもなっていると思います。まだ習いはじめたばかりですが、上手く弾けるようになるともっと楽しいだろうなと思って練習しています(笑)」。(ご主人)

ピアノが置かれているのは、吹き抜けのリビング、そしていつも奥様がいるキッチンと繋がる空間で、この場所はHさんご家族の要望であった「ピアノ」と「親子3人で勉強ができる書斎」が融合して、大学図書館のようなデザインが施されています。この場所で夜、旦那さんがピアノを弾くのをキッチンの奥様が「指導」したり、隣の机で娘さんが教科書を広げて宿題をするのが日課だと言います。娘さんも最近までピアノを習っていたそうで、ご家族でピアノを囲んで楽しむことも多いそうです。ピアノはまさにHさん邸の中心と言える存在です。

家族3人でピアノを楽しむ。娘さんの腕前はかなりのもの。

専用デッキで楽しむ星空観察

最近はじめたピアノ以外にご主人が大好きな楽しみ。それが子供の頃から親しんできた星空観察です。

「子供の頃、『今晩流星群だから観に行こう!』と誘ってくれた近所の友達がいるんです。冬の寒い夜に出かけて、最初は乗り気じゃなかったんですが、行ってみるとすごく感動して。それ以来星空観察が大好きで、今は天文台に勤めているその友達に、『次の流星群はいつ来るの?』なんてよく聞いています」。(ご主人)

こういうご主人のために、この家には夜空を見るためだけのベランダが設けられています。

「最初は天窓で良いと言っていたのですが、『空を近くで感じたい』と言い出して(笑)」(奥様)

「流星群って空の一点を観ていたら見えないんです。ボーッと全体を観ていないと見逃してしまう。これを観察するには見晴らしの良い高台が一番良いので、家にそういう場所が欲しかったんです」。(ご主人)

最近も月食時の赤い月をここで楽しんだと話すご主人。望遠鏡で星を観察する天体観測とは少し違った、素敵な夜の楽しみ方です。

上:空だけを純粋に楽しめる星空観察デッキ。
:2 階には各所に天窓が設けられている。

楽しみを受け止める頑丈さと自由さ

今回の住まいを建設するにあたって、ご夫婦は「グランドピアノを置きたい」「親子3人で勉強できるところが欲しい」「空を近くに感じたい」という希望を箇条書きにして工務店に渡したそうです。

「すごく抽象的ですよね(笑)。でも僕たち家族の要望を素晴らしいかたちで実現してくれたと思っています。この家に引っ越す前はお店の2階を住まいにしていたですが、ただ住むだけだったらそこでも十分でした。せっかく建てるのであれば好きなことが実現できる家にしたかったのです」。(ご主人)

早朝4時前には家を出て暗くなって戻るという生活の中、ご主人は「仕事は真剣勝負、それ以外は楽しめることを第一に考えている」と言います。ここはピアノや星空観測をはじめ、さまざまな家族の楽しみを実現する家なのです。

「実際に住んでみて躯体がとてもしっかりしているというのを実感します。ウチのように色々な要望があるときに、空間の自由度が高く、いろいろな楽しみ方を盛り込めるのはSE構法の魅力だと思います。設計前にSE構法で建てられた家をいろいろ拝見したのですが、どれもコンセプトやつくりが違っていて、いろいろなことができるんだと感じました」。(ご主人)

近い将来、この家で猫を飼いたいという奥様の希望が叶ったとき、この家はますます楽しくなりそうです。

コーヒーもご主人の好きなもののひとつ。
香り立つよう入れ方にもこだわりがある。

いつも家族の笑顔が溢れるリビング。心地良いこの空間で娘さんはよくダンスをするそうだが、家がとてもしっかりとしているのを感じるという。

ご主人は愛車である特別仕様のチンクエチェントでお店まで通っている。

[ 設計・施工 ]

icocochi

群馬県高崎市浜尻町470-2
TEL.027-203-8025

www.icocochi-house.com