重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

『格子がポイント 北東角地のジャパニーズモダン』

風の流れのように柔らかい曲線が可視化されるような玄関

風の流れのように柔らかい曲線が可視化されるような玄関

玄関はシューズクロークの存在を造作扉で消し去ってスッキリとした印象に。外部とは地窓で繋がり、LDKとは上部で繋がり、直線的な構造の中にも風の流れのように柔らかい曲線が可視化されるような玄関です。

施工例について

閑静な住宅地の中にあるI様邸、約40坪の広い敷地に建つ邸宅です。
方位としては、北東角地になり南面の光の取得には工夫が必要な敷地。一種低層住居であり、近隣も建物配置にゆとりがあることから、建物の後ろ側(南西)の向きにバルコニーをとり、そこから斜めに降り注ぐ光をイメージして建物を立体化していきました。

建物配置と形状を検討する時にまず検討したのが、車の駐車場を敷地の長手方向の北面に配置するか? 東面に配置するか? それぞれメリットとデメリットはありましたが、今回は東面に駐車スペースをとることで建物間口をしっかり3.75間確保しつつ、L型の建物にするのではなくシンプルな箱型の建物構造にすることによって、躯体構造コスト削減できる案を採用しました。

大きく建物間口をとれたことにより実現した東面の格子ファサードも、迫力ある外観づくりに一役かっています。
東面の道路も交通量がそこそこあることから、植栽と格子ファサードで目隠ししつつ縁側を介してLDK、吹き抜けへと繋がっていき、構造体ではないやわらかい緩衝帯として「外」と「中」をまじ切っています。

建物内部の空間は平面的には玄関から直線の通りを(1間)玄関・水まわりとし、それ以外の部分(2.75間)をLDK、階段スペースとしています。
ここにも一つポイントがあり、玄関・ホール部分はLDKと上部でつながっており、さらに間接照明をその間仕切り部一列に建物を縦断するように配置することで、照明ON時は全ての上部がつながっているような不思議な空間を演出しています。

吹き抜けの位置は南東の光をスムーズにLDKに届けるための空間にかかる光の橋のイメージです。その中に鉄骨階段が浮かび上がります。
バルコニーにはしっかりと屋根があり、雨や夏の日射はしっかりと防ぎます。
インテリアのテイストは自然にあるもの「木」と「石」をふんだんに使い、柔らかくかつ重厚感のある暖かい雰囲気を作り出しています。LDKのTVボード背面には石を使い同系の色柄でキッチン・カップボードもコーディネイト、天井には木を貼ることで大きな面のつながりをカラーやマテリアルでも強調でき、より空間の伸びやかさをストレートに伝えています。

施主さまのコメント

早い段階でタイコーさんに決めましたね。雑誌などで工務店を数社ピックアップした内の1社がタイコーさんだったんですが、見学でうかがった「ビレッタ三島」のモデルハウスがメチャメチャお洒落だったんです。吹き抜けと大開口のある開放的なリビングとスキップフロアがかっこ良くて、家づくりのテンションが一気に高まりました。その後もタイコーさんが手掛けたお宅を何邸か見学したのですが、どのお宅も素敵で。なので、他の工務店を検討することもなく、「タイコーさんに」となりました。

また、デザインなどの見た目だけでなく、耐震や断熱・気密に対しても高いスペックを追求されている姿勢にも共感できました。お洒落な家づくりをする会社さんは大阪にもたくさんありますが、「デザインだけで大丈夫?」と常々思っていたので。その点でも、タイコーさんは私たちが求めていた「デザインと性能」が全てバランスよく揃っていた感じでしたね。

設計をしてもらうにあたって、まずお願いしたのは「玄関と照明をカッコよく」です。ここが決まると家は絶対に素敵になると考えていたので。それと、「ビレッタ三島」のモデルハウスのインパクトが強烈だったので、同じように「リビングに吹き抜けを、そして大きな窓はぜひ」と要望しました。
それから、2階の本棚と好きな小物を飾るニッチもお願いしました。本棚のある2階ホールには、ソファとテーブルを置いて、リラックススペースにする予定です。お酒をチビチビやりながら本を読んだり窓の外の景色を眺めたり…、いま、そのためのソファを物色中なんですよ。

家づくりを進めていくにあたっては、何度もタイコーさんに通って要望を聞いてもらいました。コーディネーターの林さんは、聞いた要望をただ反映するだけでなく、必ずプラスアルファの提案をしてくれましたて、ありがたかったですね。各所に設けた収納もただ物入れを作るのではなく、コーディネートの一環として組み込まれているので、素人目に見ても「うまく考えられてるな〜」と感心することしきりです。また、感心と言えば「窓の配置」ですね。綿密に計画され配置された窓が、時間ごと季節ごとに巧みに光を採り込み、いつも光あふれる空間を演出してくれます。

とにかく、工務店で建てる注文住宅はやっぱりいい!につきますね。ホント理想的な家づくりができたと満足しています。

  • 『格子がポイント 北東角地のジャパニーズモダン』外観
  • 新しい庭空間
  • 風の流れのように柔らかい曲線が可視化されるような玄関
  • キッチンダイニング
  • 黒いスチールの鉄骨階段
  • 機能的で美しいキッチン
  • 遊び心ある照明計画
  • 視線ものびやか!さわやかなリビング
  • 共用の本棚スペース
  • インナーバルコニー

施工物件データ

場所
大阪府高槻市
延べ床面積
108.89m²
敷地面積
133.29m²
コスト
2,000~2,500万円
形態
一般住宅
竣工日
2016年12月

工務店データ

施工会社名
株式会社タイコーアーキテクト
URL
http://chumon.taiko-hc.com

工務店詳細はこちら

同施工例 全写真

  • 『格子がポイント 北東角地のジャパニーズモダン』外観
  • 新しい庭空間
  • 風の流れのように柔らかい曲線が可視化されるような玄関
  • キッチンダイニング
  • 黒いスチールの鉄骨階段
  • 機能的で美しいキッチン
  • 遊び心ある照明計画
  • 視線ものびやか!さわやかなリビング
  • 共用の本棚スペース
  • インナーバルコニー

株式会社タイコーアーキテクトの施工物件

  • 『庭づくりにこだわった二世帯住宅』

    『庭づくりにこだわった二世帯住宅』

  • 4方向に開いたパッシブハウス「土間ギャラリーのある家」

    4方向に開いたパッシブハウス「土間ギャラリーのある家」

  • 緑を望むリビング階段のある家

    緑を望むリビング階段のある家

  • 東向き間口3.25間の インダストリアルインテリアの家

    東向き間口3.25間の インダストリアルインテリアの家

  • 『採光とプライバシー確保を両立 ダブル断熱のパッシブハウス』

    『採光とプライバシー確保を両立 ダブル断熱のパッシブハウス』

  • 東向き4間間口 アウトドアリビングのある家

    東向き4間間口 アウトドアリビングのある家

  • 趣味を愉しむ庭のある家

    趣味を愉しむ庭のある家

  • 北欧インテリアのお手本 ナチュラルモダンの二世帯住宅

    北欧インテリアのお手本 ナチュラルモダンの二世帯住宅

  • 白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

    白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

施工物件一覧

『格子がポイント 北東角地のジャパニーズモダン』外観 気になる工務店を
資料請求で
もっと詳しく!