MENU

将来的に2部屋に分けられる子供部屋(都市型コンパクトハウス「出窓ベンチのある家」 より)

将来的に2部屋に分けられる子供部屋
  • 都市型コンパクトハウス「出窓ベンチのある家」
  • 使い勝手を追及した玄関
  • ナチュラルインテリア
  • 出窓ベンチがかわいいリビング
  • フロア全体が見渡せるダイニング
  • かわいい飾り棚
  • 開放的なL型キッチン
  • 視界を大切にしたキッチン
  • クロスを貼り分けたリビング階段
  • 将来的に2部屋に分けられる子供部屋

タイコーアーキテクト Webサイトはこちら

将来的に2部屋に分けられる子供部屋

将来的に2部屋に分けられる子供部屋は、東面のバルコニーに面して、風も視線も通ります。
あえて扉をつけなかったクローゼット、お気に入りのファブリックでやさしく仕切るのが今の気分。

都市型コンパクトハウス「出窓ベンチのある家」

タイコーの分譲地HOBITTOの中に建築した「出窓ベンチのある家」。専有敷地約88㎡(26.6坪)と狭小敷地。この限られた建築面積の中、どのように日射を確保し限られたスペースで快適な空間をどうつくっていくのか?またまた難題ですが、タイコー的解釈で挑んだのがこのお家です。

建物の造形はやはりシンプルなキューブから削り取る形で構成していきました。間口は3間(5.46m)としっかりと確保できているので、バルコニーに関してはドンと2Fの東側に配置。2Fのリビングの開口部については大きく設置したいものの、実際に大きな掃出しを設けても
1)接道面に近いのでプライバシーを気にして実際は日中のほとんどカーテンを閉めてしまう
2)駐車場の前なのでとまっている間はそれほど大きくても意味がない
3)便利そうなイメージもあるが現実にリビングからの掃出しで外から出入りすることはほとんどない
4)外観正面に掃出しを見える感じで取り付けるとどうしても外観の「顔」が一般的なものになる
5)リビングに掃出しを取るとサッシの前には何も置けなくなるのでレイアウトのバリエーションが減る
とたくさんのデメリットもあることから、掃出し窓に変わる新しい窓の提案を特徴あるワンポイントとしてタイコー的に考える事にしました。

まず考えたのが「出窓」です。一般的には出窓は外側に飛び出すことが多いのですが、腰ぐらいの高さで出窓をつくると「物置のような出窓」になってしまいがち…。カウンターとしての機能だけでは広さも感じにくくもったいない…。
そこで今回は
A)低く設置することで視覚的に広がりを確保しつつベンチとしても使えるようにする
B)外に飛びだすのではなく、内側に囲う形で飛び出させ特別な場所としての印象を強める
という特徴的な「出窓ベンチ」を作りこみました。

ちょっとしたことなのですが、家のコンセプトのナチュラルなインテリアと溶け込みとっても雰囲気のいい空間ができあがりました。どの角度から見ても絵になる空間をとことん考えたプロポーションがきまる家いかがでしょうか?

場所
大阪府東大阪市
延べ床面積
75.48m²
敷地面積
89.55m²
コスト
~2,000万円
形態
モデルハウス
竣工日
2016年12月

施工工務店データ

株式会社タイコーアーキテクトの施工物件

  • コンパクトでも使い勝手抜群のパッシブデザインハウス/高槻市

    コンパクトでも使い勝手抜群のパッシブデザインハウス/高槻市

  • 住宅密集地で実現 光があふれる都市型パッシブデザイン住宅

    住宅密集地で実現 光があふれる都市型パッシブデザイン住宅

  • アイランドキッチンを中心に空間の広がるスキップフロアのある家

    アイランドキッチンを中心に空間の広がるスキップフロアのある家

  • 吹き抜けが視線を繋ぐ 緑豊かな 3つの塔の家

    吹き抜けが視線を繋ぐ 緑豊かな 3つの塔の家

  • 中庭を囲むL字型のパッシブデザイン住宅

    中庭を囲むL字型のパッシブデザイン住宅

  • 神戸・大阪の街を一望できるパッシブデザインハウス

    神戸・大阪の街を一望できるパッシブデザインハウス

  • コの字型の中庭が空間を繋ぐ 二世帯の家

    コの字型の中庭が空間を繋ぐ 二世帯の家

  • 狭小3階建て ネコと暮らすパッシブデザイン住宅/京都

    狭小3階建て ネコと暮らすパッシブデザイン住宅/京都

  • 8帖の大きな吹き抜けのあるパッシブデザイン住宅

    8帖の大きな吹き抜けのあるパッシブデザイン住宅

施工物件一覧

人気の施工例

他の施工例を探す