重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

敷地いっぱいの南向き間口6間 前庭のあるパッシブハウス

間口の広さを活かしたシンプルな外観

間口の広さを活かしたシンプルな外観

建物形状は南からの日射を受けやすいように、あえて凹凸を付けずに最大の間口を使った配置設計を行いました。
できあがったのは、シンプルなキューブ型のお家にプラスして囲いをつくり、そこにバルコニーと前庭を組み合わせたデザイン。囲いをつくることでエントランスに趣を与え、室内からの景色も道路側ではなく前庭部分に集約されることからプライバシーも守りつつ外に開く、合理的で有効な庭を実現できました。
シンプルな外観を作るために南面に掃出し窓は設置せず、高窓、吹き抜けに設けた縦長窓でリズミカルに光と空間をデザインしました。

施工例について

閑静な住宅地の中にあるO様邸は、約33坪で南面12mと間口の広い敷地に建つお家です。コンパクトにプランをまとめるにあたっては、建物の配置と駐車場の関係を最初に検討しました。一般的には間口に対して縦に駐車スペースをとり、残り敷地で建物を配置設計します。しかし今回は、恵まれた南間口を最も活かすため、敷地いっぱいに建物の間口を使い切る方法にしました。
そのため、車は横駐め(間口にそって駐車する)にして、目一杯の6間確保して設計配置しました。建物のコンセプトとしては、ちょっと普通ではない感じです。また、シンプルでいてしっかりと光を採り込み、かつプライバシーが守られた空間をご希望されていた施主様のために、玄関の前の東面と南面に壁を立ち上げ、玄関アプローチを兼ねた前庭を設けました。
このようにして、LDKも前面道路に開くのではなく東面の前庭に開き、プライバシーもしっかりと守られる、明るく、借景を取り込める空間提案としました。
さらに上部に吹き抜けを設けることでより効率的に光を取り込み、視界の抜けを意識して窓を配置していきました。

内部のインテリアはできるだけ色を抑えて無彩色でコーディネイト。「一体感」のある空間をめざしました。黒・グレーをメインで使い、異なった素材でも色味、艶感を合わせることでしっとりとした落ち着きのあるLDKとなりました。

建物形状で凹凸をつくるのと同じように、シンプルなキューブの建物に袖壁やバルコニー壁で立体的な凹凸をつくり、外観や日射の採り込み/遮蔽の仕方に変化をつけるのも、タイコー的な設計の考え方のひとつです。

施主さまのコメント

家づくりをはじめるにあたり、工務店さんを中心に7社ぐらいを訪問したと思います。その中で、タイコーさんで見せてもらったスキップフロアのモデルハウス(施工事例No.003)がとても魅力的だったのを覚えています。あの家を見て「タイコーさんにお願いしよう」と気持ちは大きく傾きましたね。その後、見学会にも3~4回ぐらい参加して、タイコーさんの家づくりについて勉強させてもらいました。どのお宅も内装・外観いずれもが私たちの好みのテイストで「シンプルな中にも個性が光る」という印象でした。

最終的にタイコーさんに決めたのはデザインテイストと、地震にも安心なSE構法を構造体に用いているということです。「デザイン、性能、品質、そしてコストのバランスがいいな」と感じたのが決め手でした。
設計、デザインの提案で印象に残っているのは、この家の顔でもある前庭のある玄関アプローチですね。東からの採光とプライバシーの確保の両立を考えてのものでした。それと、黒とグレーの内装コーディネートもです。私たちのモダンテイスト好みを汲んでもらっての提案でした。ライティングレールを用いた照明計画との相性も素敵です。逆に、子ども部屋やトイレの壁面はアクセントの効いた印象にすることで、空間ごとの個性も生まれました。

家づくりにあてってお願いしたのは、開放的なリビング空間です。それに対するタイコーさんの提案が、広い土間を備えたワンルームのLDKでした。できればスケルトンにしたかった階段が、スペースの都合で実現できなかったのが少し残念でしたが、6間の間口を最大限に使ったリビングには満足しています(ご主人)。夫に同じく開放的なリビングが欲しかったですね。家族全員が自室に籠ることなくリビングで過ごして欲しいからです。デザインはおしゃれな感じで。それと、子どもと一緒に料理ができる対面型のキッチンも希望しました(奥さま)。

暮らしてみて1番気に入っているのは、やはり開放的なリビングと、そこから眺める前庭です。また、断熱性能が高いので、空調が効きやすく過ごしやすいですね。冬は2階の暖房が要らないほどです(ご主人)。リビングに設けた吹き抜けが気持ちいいですね、見上げると空が見えて。広くとった土間も気に入っています(奥さま)。
タイコーさんの良さは、こちらの意見を聞き入れてニーズに応えてくれる上で、さらに提案もしっかりと行ってくれるところですね。決して押し売りではなく。逆に「ダメなところダメ」とはきちんと伝えてくれる姿勢も気持ちよかったです。「頼りになるな」「任せて安心」という感じでしたね。

  • 間口の広さを活かしたシンプルな外観
  • 木目調のサイディングでメリハリある外観に
  • 緑に癒される玄関アプローチ
  • 使い勝手の良いおしゃれな土間スペース
  • 緻密な採光計画で快適な住空間
  • パッシブ設計で光を導く明るく開放的なリビング
  • インテリアを妨げない収納計画
  • 上下階を緩やかに繋ぐ多目的スペース
  • 子どもの個性を大切にしたキッズルーム
  • 個性が光るモロッカンスタイルのトイレ

施工物件データ

場所
大阪府和泉市
延べ床面積
89.43m²
敷地面積
111.57m²
コスト
2,000~2,500万円
形態
一般住宅
竣工日
2016年06月

工務店データ

施工会社名
株式会社タイコーアーキテクト
URL
http://chumon.taiko-hc.com

工務店詳細はこちら

同施工例 全写真

  • 間口の広さを活かしたシンプルな外観
  • 木目調のサイディングでメリハリある外観に
  • 緑に癒される玄関アプローチ
  • 使い勝手の良いおしゃれな土間スペース
  • 緻密な採光計画で快適な住空間
  • パッシブ設計で光を導く明るく開放的なリビング
  • インテリアを妨げない収納計画
  • 上下階を緩やかに繋ぐ多目的スペース
  • 子どもの個性を大切にしたキッズルーム
  • 個性が光るモロッカンスタイルのトイレ

株式会社タイコーアーキテクトの施工物件

  • 北東角5間間口アウトドアリビングのあるパッシブハウス~「ヘブンズ・ドアー」

    北東角5間間口アウトドアリビングのあるパッシブハウス~「ヘブンズ・ドアー」

  • 白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

    白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

  • 北欧インテリアのお手本 1.5世帯リボンウィンドウハウス

    北欧インテリアのお手本 1.5世帯リボンウィンドウハウス

  • 東向き4間間口 回遊性のあるパッシブコートハウス

    東向き4間間口 回遊性のあるパッシブコートハウス

  • 多方向に開口を設けたパッシブガレージハウス

    多方向に開口を設けたパッシブガレージハウス

  • 2階LDKのパッシブハウス ハンサム顔な「サイクロプス」

    2階LDKのパッシブハウス ハンサム顔な「サイクロプス」

  • 北西向き 3間間口の3階建てパッシブハウス「open」

    北西向き 3間間口の3階建てパッシブハウス「open」

  • 敷地いっぱいの南向き間口6間 前庭のあるパッシブハウス

    敷地いっぱいの南向き間口6間 前庭のあるパッシブハウス

  • 大人のカフェを意識した 音楽を聴くのにふさわしい 南向きパッシブハウス

    大人のカフェを意識した 音楽を聴くのにふさわしい 南向きパッシブハウス

施工物件一覧

間口の広さを活かしたシンプルな外観 気になる工務店を
資料請求で
もっと詳しく!