重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

一体感を生む木貼りの造作扉

一体感を生む木貼りの造作扉

玄関に入って正面の壁は扉も木を貼って仕上げられており一体感が格上げされています。内部はウォークインシューズクロークで機能面も◎

施工例について

閑静な住宅地の中にあるH様邸
駐車場だった土地に住宅を建築したいというご依頼。
約212㎡の64.24坪(建ぺい率60%・容積率200%)と大きな敷地。
西向きではあるものの、建物奥行7間(12.7m)は南からの日射が遮ることなく取り込むことのできるパッシブ設計を行うには最適の敷地条件でした。

まず最初に検討したのが最も重要な建物配置です。
現在駐車場であるH様の敷地は、後ろに既存建物がありその建物の再建築が物理的に可能な通路幅を確保する必要があったため車両通行等も考え3.4mを確保し敷地を分筆し、212㎡とした敷地にどう日射を含めて建物を配置していくかを検討していきました。

南側隣地は公共施設となっており、隣等までの距離は約8mほど離れており冬でも十分に直射日光を取り込むことが可能なためより南面の間口を長くして日射を効率的に取り込める形状を考えました。
必然として南北に長い建物設計となり、開口部も大きくとるためLDKも南面に長く繋がるゾーニングとなります。
東南方向からの光を取ろうと検討するとLDKが奥まった東側になってしまい玄関・駐車場とのアクセスが悪くなるので本プランでは南西側にLDKを配置西側も日射が良好なため、あえて開口部は取らずに壁としてシャープな外観をつくることを優先しました。

  • シャープな水平ラインが美しい洗練された外観
  • 異素材のコントラストでメリハリのきいた玄関スペース
  • 一体感を生む木貼りの造作扉
  • 上下階を繋ぐ開放的な吹き抜け
  • 陽光が心地よい寛ぎのリビングスペース
  • 外観とリンクさせたハイセンスなインテリア
  • 存在感のある鉄骨階段
  • 家族の気配を感じられるフリースペース
  • 間接照明で上質な空間へ
  • 落ち着きのあるトイレスペース

施工物件データ

場所
大阪府東大阪市
延べ床面積
119.46m²
敷地面積
212m²
コスト
3,000~3,500万円
形態
一般住宅
竣工日
2018年01月

工務店データ

施工会社名
株式会社タイコーアーキテクト
URL
http://chumon.taiko-hc.com

工務店詳細はこちら

同施工例 全写真

  • シャープな水平ラインが美しい洗練された外観
  • 異素材のコントラストでメリハリのきいた玄関スペース
  • 一体感を生む木貼りの造作扉
  • 上下階を繋ぐ開放的な吹き抜け
  • 陽光が心地よい寛ぎのリビングスペース
  • 外観とリンクさせたハイセンスなインテリア
  • 存在感のある鉄骨階段
  • 家族の気配を感じられるフリースペース
  • 間接照明で上質な空間へ
  • 落ち着きのあるトイレスペース

株式会社タイコーアーキテクトの施工物件

  • 『庭づくりにこだわった二世帯住宅』

    『庭づくりにこだわった二世帯住宅』

  • 4方向に開いたパッシブハウス「土間ギャラリーのある家」

    4方向に開いたパッシブハウス「土間ギャラリーのある家」

  • 緑を望むリビング階段のある家

    緑を望むリビング階段のある家

  • 東向き間口3.25間の インダストリアルインテリアの家

    東向き間口3.25間の インダストリアルインテリアの家

  • 『採光とプライバシー確保を両立 ダブル断熱のパッシブハウス』

    『採光とプライバシー確保を両立 ダブル断熱のパッシブハウス』

  • 東向き4間間口 アウトドアリビングのある家

    東向き4間間口 アウトドアリビングのある家

  • 趣味を愉しむ庭のある家

    趣味を愉しむ庭のある家

  • 北欧インテリアのお手本 ナチュラルモダンの二世帯住宅

    北欧インテリアのお手本 ナチュラルモダンの二世帯住宅

  • 白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

    白・青・木のトリコロールで魅せる3.75間口の西向きパッシブハウス

施工物件一覧

シャープな水平ラインが美しい洗練された外観 気になる工務店を
資料請求で
もっと詳しく!