2020
28
Jan

家のデザインについて、 理想の家づくりのためのコラム

アイランドキッチンは家の主役にもなる! 素材の選び方から、採用する際のメリットと注意点

201610081522081

アイランドキッチンは存在感があり、素材の選び方によって、リビングダイニングの雰囲気を左右します。デザイン性も高く家の主役にもなり得ることから、アイランドキッチンを採用するご家庭も増えているようです。今回は、アイランドキッチンのメリットとデメリット、また採用する際の注意点をご紹介します。
 

アイランドキッチンは家の主役にもなる! 素材の選び方から、採用する際のメリットと注意点のインデックス

存在感とデザイン性が光る! アイランドキッチンとは?

アイランドキッチン
夫婦や親子で一緒に料理を楽しんだり、家族と会話をしながら後片付けができる…。家を建てるなら、絶対にアイランドキッチンにしたい! と、憧れている方も多いのではないでしょうか。アイランドキッチンとは文字通りに、調理スペースやシンク、コンロなどが「島=アイランド」のように独立しているキッチンのことを言います。
 
アイランドキッチンは四方が壁に接していないので、ぐるりとキッチンを回遊することができ、複数人での調理や後片付けがしやすいのが特徴。例えば、お友達を招いてのホームパーティーでも活躍してくれますね。
 
ペニンシュラキッチン
アイランドキッチンと似ていますが、キッチンのどちらかが壁に面している「ペニンシュラキッチン」(半島=ペニンシュラ)というデザインもあり、こちらは比較的子育て世代に人気が高いようです。アイランドキッチンよりも場所を取らず、お手入れもしやすいのが大きな特徴。同じく対面式なので、リビングにいる家族の様子を見ながら調理や後片付けができます。
 

アイランドキッチンを採用するメリットとは?

アイランドキッチンを採用するメリット
アイランドキッチンには、どんなメリットがあるのでしょうか。
 

メリット1.夫婦や親子など、複数人で作業がしやすい!

アイランドキッチンは全方向からキッチンを囲むことができ、さらに作業台をフルフラットにすることで、複数人での作業がしやすくなります。親子でお菓子作りをしたり、夫婦で分担して調理をするなど、家族みんなで使うときにも便利ですよね。さらに、仲間を招いてのホームパーティーでも大活躍。たくさんの料理を一気に盛り付けたり、料理をテーブルに並べたりと、フラットで広々とした作業台なら、みんなでパーティーの準備をするのに最適でしょう。

また、アイランドキッチンの場合は両サイドから出入りができるので、料理をしている家族の邪魔をせずに、キッチンを行き来できるのもメリットですね。

メリット2.家族とのコミュニケーションが楽しめる! 

リビングやダイニングに面して独立しているアイランドキッチンは、家族の様子を眺めながら、調理や後片付けをすることができます。ダイニングテーブルをキッチンのすぐ近くに配置したり、家づくりの段階からキッチンとテーブルを一体型させたデザインにすることで、キッチンにいながらも家族とコミュニケーションが楽しめます。

リビングで遊んでいるお子さんの様子を見守ったり、ダイニングテーブルで宿題をしているお子さんの質問に答えたり、家族と一緒にテレビ鑑賞をしながら家事をすることも。さらに、対面式なので食後の後片付けもスムーズにでき、お子さんのお手伝いの習慣づけにもひと役買ってくれます。

メリット3.空間が開放的になり、デザイン性も高い!

アイランドキッチンの魅力は、そのデザイン性の高さにもあります。例えば、真っ白な素材にすれば、清潔感が感じられたり、ブラックに統一すれば、クールでスタイリッシュな雰囲気に。木の材質を選べば、ナチュラルな雰囲気にも仕上がりますよ。

また、まわりに壁も仕切りもないアイランドキッチンは、そこに立ってみると、とにかく開放的! 視界が遮られないので、正面に大きな窓があれば、その景色を眺めながら料理を楽しむこともできます。また、リビング側からキッチンを見た時も、リビングダイニングが広々と感じられます。

メリット4.レイアウトやデザインの自由度が高い!

アイランドキッチンはレイアウトやデザインの自由度が高く、スペースさえ確保できれば、好みのキッチンにすることが可能です。たとえば、キッチンの前面をすべて収納できるようにすれば、器集めが趣味の方でも大容量の収納が確保できます。食器はもちろん、リビングダイニングに置いておきたい細々としたものを収納することもできます。

また、ダイニングテーブルと一体化させるデザインにすれば、家族との距離がより近くなったり、配膳や後片付けもスムーズにでき、共働きの忙しいご夫婦にもおすすめです。

メリット5.常に見られるため、片付けようという意識が生まれる!

開放的である一方で、キッチン全体がすべて見られてしまうのも事実。しかしそれを逆手にとって、常に見られていると片付けようという意識にも繋がります。見えないからいいやではなく、見られているから片付けようという気持ちになるはず。キッチンの上が常に片付いていると、それだけで部屋全体もスッキリ見えますよね。
 

アイランドキッチンのデメリットと注意点とは?

アイランドキッチンのデメリット
アイランドキッチンにはたくさんのメリットがある一方で、デメリットや設置する際の注意点もあります。
 

デメリット1.作業スペースが丸見えなので、散らかった印象になる

当たり前のことですが、食事を作るたびにキッチンは片付けが必要です。また、キッチンは家の中でも自然と物が多くなってしまう場所でもあります。作業スペースがリビング側から丸見えになってしまうアイランドキッチンは、作業台が散らかっていると、それだけでごちゃごちゃした印象になってしまいます。片付けが苦手な方や、共働きで毎日忙しいという方には、アイランドキッチンは不向きかもしれません。

デメリット2.油はねや水はね、汚れが飛び散りやすい

周囲に壁のないアイランドキッチンは、調理中の油はねや汚れが周囲に飛び散ってしまい、こまめな掃除が必要です。どうしても気になる場合は、コンロの前にガラスのパネルなどを設置したり、少しだけ壁を持ち上げるなどの工夫をすることで解消することもできます。

また、片側を壁につけるペニンシュラキッチンにして、コンロ前だけ壁を作ることもできます。

デメリット3.料理の匂いや煙が部屋中に拡散しやすい

独立型のキッチンに比べて、リビング側を向いて調理をするアイランドキッチンは、料理の匂いがリビングや周囲の部屋に拡散しやすいのもデメリット。とくにIHクッキングヒーターの場合、ガスコンロに比べて上昇気流が弱いため、換気扇を回しても匂いや煙をしっかり吸い取れないこともあるようです。

また、アイランドキッチンの場合は換気扇の壁づけができないので、センサータイプの天井取り付け型にするなど、換気扇の種類も限られてしまいます。天井が高い場合などもあるので、設置場所には注意が必要ですね。また、匂いが拡散しやすいので、強力なタイプの換気扇をつける必要もあるようです。

デメリット4.ある程度の広さを確保する必要がある

回遊性の高いアイランドキッチンは、ある程度の広さが必要です。無理してアイランドキッチンを作ってしまうと、リビングダイニングの空間がかえって狭くなってしまうことも。また、キッチンとリビングダイニングのバランスも悪くなってしまいます。

アイランドキッチンを採用する場合は、設計士さんとしっかりと打ち合わせをして、キッチンにどのぐらいの空間が確保できるかを見極めながら、デザイン選びをすることも大切です。
 

選ぶ素材と組み合わせ次第で、雰囲気ががらっと変わる! 

既製品のアイランドキッチンは、比較的高価な場合が多いでしょう。そこで施工会社によっては、既製品のI型キッチンを造作して、アイランドキッチン風に仕上げることもできます。

既製品の中から好みの素材や雰囲気のキッチンを選ぶこともできますし、造作できるのであれば、ある程度自由に素材選びができます。部屋の雰囲気や好みに合った素材選びをするのも、アイランドキッチンを素敵に見せるコツです。
 
■ブラック×グレー
アイランドキッチン ブラック×グレー
スタイリッシュで個性的なデザインにしたいなら、マットなシルバーと黒の組み合わせも新鮮です。あえて木のフローリングと組み合わせることで、異素材ミックスの面白さがプラスされます。
 
■オールステンレス
アイランドキッチン オールステンレス
デザイン性で選ぶなら、オールステンレスもなかなかインパクトがありますよね。ピカピカに磨いたステンレスは、清潔感があり洗練された雰囲気に。木材と組み合わせることで、どことなく温かみも感じられます。
 
■オールブラック
アイランドキッチン オールブラック
スタイリッシュな雰囲気にするなら、ブラック一色にするのも斬新です。どっしりと存在感が感じられ、重厚な雰囲気になります。マットな黒にすれば落ち着いた雰囲気に、光沢がある黒にすると高級感が感じられます。
 
■ナチュラルウッド
アイランドキッチン ナチュラルウッド
アイランドキッチンのまわりを木で造作すれば、こんな素敵なカフェ風の雰囲気に。ダイニングテーブルと一体化させると、限られたスペースでもアイランドキッチンを実現させることができます。
 
■ホワイト×ステンレス
アイランドキッチン ホワイト×ステンレス
白はスッキリと清潔感があり、空間がより広く感じられる効果があります。天板をステンレスにすることで、汚れがつきにくく、お手入れもしやすいのもメリットです。
 
■モルタル
アイランドキッチン モルタル
個性的なキッチンにしたいなら、セメントに水と砂を混ぜ合わせた「モルタル」を採用してみては。クールで男前な印象のキッチンになり、北欧風のインテリアからモダンなインテリアまで、比較的幅広いインテリアと相性がいいでしょう。
 
 
アイランドキッチンには、家族とのコミュニケーションができたり、複数人で使いやすかったりと、多くのメリットがあります。一方で、お手入れや掃除、片付けの面では、デメリットにもなってしまうことも。アイランドキッチンを設置するにはある程度の広さと予算が必要になりますので、設置したことを後悔しないためにも、メリットとデメリットをしっかり理解してから検討してみるのがいいですね。もしデメリットが気になるようなら、ペニンシュラキッチンにしてみたり、コンロ前だけに壁を作るなど、解決できる方法があることも知っておきましょう。

「アイランドキッチン」の施工例一覧を見る