2019
23
Dec

家のデザインについて、 理想の家づくりのためのコラム

一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリットを紹介!

201707311656502

二世帯住宅を検討されている方であれば、一度は「一部共有型二世帯住宅」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
一部共有型二世帯住宅とは、「二世帯が部分的にスペースを共有している住宅」のことです。一部であれ空間を共にするということは、毎日顔を合わせるので、いろいろ心配はあるかと思います。
そこで今回は、一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリット、またどのようような家族に一部共有型がおすすめなのかを解説していきたいと思います。
 

一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリットを紹介!のインデックス

1.一部共有型二世帯住宅とは

201707311656504
そもそも一部共有型二世帯住宅とはどのような住宅なのでしょうか。
 
二世帯住宅には主に、
・完全同居型二世帯住宅
・一部共有型二世帯住宅
・完全分離型二世帯住宅
の3つのパターンがあります。
 
完全分離は世帯同士の共有スペースはほぼ無く、完全同居は個室を除いてほとんどを共有する形、一部共有はその中間です。玄関やお風呂といった住まいの一部分を共有しているスタイルです。主な生活空間を分け、設備などの使用は共有するため家全体のランニングコストを下げられます。
 

2.一部共有型二世帯住宅のメリットは?

201808070715461
では、一部共有型二世帯住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
 

メリット1.プライベート空間と家族の関係性のバランスがとれる

まず1つ目のメリットは、「プライベート空間と家族の関係性のバランスがとれる」こと。例えば、親世帯と子世帯のリビングを別々にし、キッチンやお風呂のみを共有したとします。テレビを見たりくつろいだりする場所はそれぞれ違いますが、家事を行う際には空間を共にするため、適度なコミュニケーションが生まれます。これはどこまでの範囲を共有するかにもよりますが、完全分離型・完全同居型の良いとこ取りをしているといえます。

メリット2.完全分離型に比べ、建築費用を抑えられる

2つ目のメリットは、「建築費用を抑えられる」こと。完全分離型の場合、ほぼ二軒分の建築費用がかかりますが、一部共有型二世帯住宅の場合、お風呂・キッチン・玄関といった設備が一軒分で済みます。特に水回りの設備は高額なため、共有する範囲が多くなるにつれて、建築費用も削減できるので大きなメリットとなります。

メリット3.光熱費を抑えられる

特にお風呂やキッチンなど、光熱費が多く発生する空間を共有することで月々の光熱費を抑えることができます。例えば、1つのお風呂を順番に利用することで、完全分離型に比べると水道代を大きく節約できます。また、キッチンを共有することで、共働き世帯の子供の食事を祖父母世帯が担うといった協力もしやすくなります。
 

3.一部共有型二世帯住宅のデメリットは?

201707311656512
各世帯の精神的にも費用的にもメリットのある一部共有型二世帯住宅。デメリットとは、「生活スタイルの違いによるストレス」です。日常の生活音は思っている以上に周りに響きます。例えば、深夜にドアの開け閉めする音が鬱陶しく感じる、掃除機の音でテレビや作業に集中できない、といった事態になる可能性は十分にあります。世帯ごとの生活音を防ぐためにも、遮音・吸音などの工夫、間取りや導線の工夫は必要となるでしょう。
 

4.一部共有型二世帯住宅がおすすめな家族の例

201809062219132
最後にどのような家族にとって、一部共有型二世帯住宅がおすすめかをご紹介します。
 

4-1.親世帯が独り身の場合

親世帯が独り身だという場合には、コミュニケーションが取りやすいという点で、一部共有型がおすすめです。別居または完全分離型の二世帯住宅にしてしまうと、日常生活は一人暮らしとあまり変わりません。「自分たち家族だけの空間を持ちたいけど、ひとり残された母親が心配…」というような悩みを持っている方は、ぜひ一部共有型二世帯住宅を検討してみてください。

4-2.親世帯の介護が近い将来に必要な場合

一部共有型二世帯住宅は、親世帯の介護が近い将来に必要な家族にもおすすめです。設計の段階で、親世帯の生活空間とトイレを近くしたり、車椅子を想定し通路をあらかじめ広くとっておくなど個別に対策をとることが可能になります。家族にも負担の大きい介護生活を、一部共有型二世帯住宅にすることで、少しでも軽減できるでしょう。

4-3.親世帯と子世帯の仲が良好な場合

親世帯と子世帯の仲が良好な場合にも、一部共有型二世帯住宅がおすすめです。一部とはいえスペースを共有するということは、コミュニケーションがそこで発生するということです。毎日、顔を合わせるため世帯同士で関係が良好かということは、大事な要素になります。
 
 
今回は一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリットについてお話ししてきました。完全別居からの二世帯住宅を計画する場合は、お互いの生活が想像できない部分もあることでしょう。
どこを共有していくべきなのか家族でしっかりと話し合ってプランニングすることが大切です。

「二世帯住宅」の施工例一覧を見る