2019
23
Dec

家のデザインについて、 理想の家づくりのためのコラム

パントリーを作るメリットとは? 広さや設置場所、生活動線の注意点もチェック

201705011005011

パントリーとは、キッチンの一部またはキッチンに隣接した場所に設けられた収納スペースのこと。ホテルの厨房にある巨大な食品庫などをパントリーとイメージする方も多いかもしれませんが、実は一般のご家庭でもパントリーを設けているお宅も多いようです。
 
パントリーは、常温で保存ができる食品や調味料、消耗品などをストックしておく空間として作られます。リフォームのタイミングで新たに増設がしにくいので、家を建てる段階でパントリーが必要かどうか、どこにどのぐらいの広さで設けるかをよく考える必要があります。そこで、パントリーを設けるメリットや注意点などをご紹介しましょう。
 

パントリーを作るメリットとは? 広さや設置場所、生活動線の注意点もチェックのインデックス

整理しやすく、収納力も抜群! パントリーを設ける4つのメリット

201808101708051
パントリーを家に作ることで、どんなメリットがあるのでしょうか。
 

1.常温の食品をたっぷりストックできる

パントリーを設ける一番のメリットは、食品や飲料品、調味料などのストックを収納しておくことができるところ。また、使用頻度の低い調理器具や消耗品のストックなどを置いておくこともできたりと、何かと便利な収納スペースとして活躍します。もちろん、キッチン下や背面収納などにも収納スペースはありますが、それにプラスしてパントリーの空間を設けることで、使い方にも幅が広がります。

2.いざという時のために、買いだめしておける

収納がたっぷりあることで、買いだめすることができるのもメリットのひとつ。常備しておきたいものを特売日にまとめ買いしたり、災害時などいざという時に備えて、長期保存ができる食品をストックしておくこともできます。パントリーがあれば、こういったいつもの食材にプラスアルファの量をストックしておくことも可能なのです。また、家族が大人数の場合や、仕事が忙しいご家庭にとっては、たっぷりと買いだめができるメリットは大きいですよね。逆に、常温でストックをするものが少ないというご家庭だと、空間を持て余してしまうかもしれません。
 
201910261354444

3.オープン棚で探しやすく、掃除や整理もしやすい!

パントリー内の収納と、キッチン周りにあるキャビネット収納とは違う点があります。パントリーの場合は、収納棚がオープンな状態で設置されているので、何がどこにあるのかが一目で把握できます。また、掃除や整理がしやすいのもメリットですね。逆にキャビネットの場合は、キッチンのすぐそばにあるので、手に届く範囲にストックできるのが魅力。一方でキャビネット内の引き出しなどは、仕切りを使ってマメに整理整頓をしないと、使いにくくなってしまう場合もあります。

4.収納がたっぷりあることで、キッチンがスッキリ!

キッチンの収納が少ないと、どうしてもキッチン台の上がごちゃごちゃしてしまう要因にもなります。できるだけスッキリさせたいのであれば、パントリーを充実させるのは、スッキリとシンプルに暮らすためのひとつの手段でもあります。
 

使えるパントリーにするには、設置場所や生活動線が決め手

201909051634441
キッチンや他の部屋の広さを減らしてまで作る空間ですから、使い勝手のよいパントリーでなくてはいけません。そのためには、パントリーの設置場所や生活動線をよく考慮した間取りにしましょう。
 
パントリーを設置するのに一番使いやすいのは、キッチンと隣り合っている空間です。調理中にはパントリーとキッチンを何度も行き来する必要があるので、できるだけ近くに設置すると便利です。
 
また、キッチンの奥まった場所にパントリーを設置してしまうと、買い物袋を抱えてキッチンを通る必要があり、意外と使いにくい場合も。買い物袋を玄関からダイレクトにパントリーに運べて、さらにキッチンにもつながっているなど、二方向に扉がある間取りだと、使い勝手がよくおすすめです。このように、一連の動線を考えてみるのもポイントです。
 
201609261117471
勝手口とつながっている間取りなら、買い物から帰ってすぐに勝手口まで荷物を運ぶことができたり、ゴミ出しをスムーズにできるなどのメリットがあります。
 
パントリーの広さも重要で、あまりに通路が狭すぎると、物の出し入れがしにくいでしょう。一方で広すぎても、壁に沿って収納があるので、無駄なスペースが生まれてしまいます。出し入れの動きに支障がない、適度な広さを検討する必要があります。
 

オープン型? 個室型? デザイン次第で使い方も変わる

201901221602424
パントリーには、オープン型と個室型など、その家ごとにデザインが異なります。使いやすさを取るか、生活感のないスッキリとしたキッチンにするのかによって、好みも別れるでしょう。
 
完全に生活感を排除したいのであれば、扉で仕切ることができる個室型がおすすめ。ただし個室型にしてしまうと、扉を設置するのに多少費用がかかるのと、扉の開け閉めの動作が必要になります。
 
201903040730131
逆にオープン型であれば行き来もしやすく、使い勝手は格段に上がります。しかし、完全に仕切られていないので、収納の一部がリビング側から見えてしまったり、多少の生活感が出てしまいます。きちんと整理できればいいのですが、整理整頓が苦手な場合は、扉やカーテンなどで仕切るのもひとつの手ですね。
 

レイアウトやデザインは、家族のライフスタイルに合わせて

201608041113395
パントリーとひと言で呼んでも、ご家庭によってさまざまなレイアウトやデザインがあります。たとえば、あえて空間として区切らず、大きな壁の背面を利用している一例も。リビングからもキッチンからもアクセスしやすく回遊性があり、ママだけでなく家族みんなが使いやすいデザインになっています。一方で、リビングやダイニングからは見えないので、生活感がある物を一箇所にまとめておくことができます。
 
201707210859266
こちらのお宅では、奥さん専用のカウンタースペースを作り、その奥にパントリーを設置。キッチン、パントリー、カウンタースペースが自由に行き来できる間取りになっていて、奥さんの動線を一箇所に集中させています。キッチンの壁にはエプロンやショッピングバッグをかけられるフックをつけ、使い勝手も抜群です。
 
201801251238201
玄関から土間収納、そしてキッチンへとつながる間取りのお宅。土間収納は4畳もあり、手前は屋外用の収納、キッチン側はパントリーとして使われています。もちろん、買い物から帰宅してからの動線もしっかり考えられています。
 
 
パントリーを無計画に作ってしまうと、かえって使いにくく、せっかくの空間も無駄になってしまうこともあります。家の広さに余裕があればいいですが、たとえばキッチンを削ってまでパントリーの個室を作ってしまうと、キッチン自体が狭く使い勝手も悪くなってしまいます。まずは、家族の人数やストックする量、家の大きさ、使う目的などをしっかり考慮した上で、パントリーを作るのかを考えるのがいいでしょう。
 
食品だけでなく、日用品などもストックできるパントリー兼収納として作ってみたり、二方向からアクセスできる間取りにするなど、たくさんのパントリー施工例を参考にしてみましょう。使い勝手のよいパントリーにするには、生活動線や家族のライフスタイルに合わせた広さやデザインにすることも大切です。

「パントリー」の施工例一覧を見る