重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

心地よさも、設計しました屋内で愛でる、光と風。

太陽の光の恵み。心地よい風の流れや肌触り。これらは、住む人の気持ちを明るく爽やかにしてくれるだけでなく、屋内の湿気を飛ばしたり、家を長持ちさせるメンテナンスの役割も果たします。その取り入れ方は、設計の腕の見せ所。大空間や大開口を活かす。立地や風向き、太陽の通り道を勘案し、パッシブな家を建てる。中庭や光壷、天窓などの建築装置を活かす…。設計で織り込み、生活で使いこなす、光と風のある暮らしです。

最新の特集はこちら

特集一覧はこちら