重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

長期優良住宅長きにわたり、家族の歴史を刻む家。

日本の家の寿命は30年ほどと言われています。でもそれでは、一世代も住み続けることはできません。重量木骨の家は、親、子、孫の代まで末永く、ご家族とともに歩み続けます。家というものは使い込んでいく中で愛着が生まれるもの。そして少し痛んだら、メンテナンスも忘れずに。床や天井、そしてサイディングなど、適材適所で材料にこだわれば、その家ならではの経年変化を愉しむことだってできます。ご家族の暮らし、その歴史とともに、家はもっと味わい深いものになっていきます。

最新の特集はこちら

特集一覧はこちら