重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

パッシブ・省エネ冬暖かく、夏涼しい 〜冬編〜

2020年から、省エネ基準をさらに進めた「改正省エネ基準」が実施されることが決まっています。
省エネ基準の数値は専門的な計算により算出されますが、主に「冷暖房」「照明」「換気」「給湯」などで使われるエネルギーが少ないことを「省エネ」と呼びます。
そして省エネ住宅では、パッシブデザインと呼ばれる自然エネルギーを活用しながら、エネルギーをプラスマイナスゼロにするZEH(ゼッチ)化が進んでいます。
重量木骨の家は高気密・高断熱だけでなく、パッシブデザインを活用しながら「省エネ」を実現しています。
家の性能で夏は涼しく、冬は暖かく暮らす。今回は冬、暖かな光こぼれる施工例を集めました。

パッシブ 施工例

最新の特集はこちら

特集一覧はこちら