重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

縁側・ウッドデッキ文化と空間を繋ぐ縁側

縁側
縁側とは、日本家屋の様式で、建物のまわりに添わせるように設けられた板状の通路のことをさします。もともと日本家屋の空間は、引き戸や障子といった外が透ける素材をつかったり、役割をしっかりと区切って分けるのではなく、曖昧に繋ぐ文化があると考えられています。
深い軒と組み合わせ、室内と外の空間を板状の通路で繋ぐことで、外と室内を曖昧に繋ぐ役割を果たす縁側。日本家屋の古くからの様式でありながら、現代の家づくりでも多く採用されるのは、ちょっとした来客や、庭仕事、衣類を干すなど実用も備えているからではないでしょうか。
縁側としての役割と特徴は押さえつつ、少し広めにとったり、階段を設けたりすることで使い勝手をよりよくしたり、デザインをモダンに合わせたり、まだまだ縁側の可能性は広がりそうです。

縁側・ウッドデッキ 施工例

最新の特集はこちら

特集一覧はこちら