MENU

リビングと床がフラットで繋がる玄関土間(開放的な通り土間の家[中庭のある家] より)

リビングと床がフラットで繋がる玄関土間
  • リビングと床がフラットで繋がる玄関土間
  • 玄関ドアの先には間仕切りのない開放的なリビング
  • 広い吹き抜けで2階とも繋がりのいいリビング
  • パントリーを兼ねた収納のあるアイランドキッチン
  • とことん明るさと開放感にこだわった吹き抜け
  • 明かりが映える夜の外観
  • 木の家ならではの梁見せの吹抜けは書斎を兼ねて
  • 将来子供部屋に仕切るトップライトの開放的な書斎
  • デザイン照明が映える広い吹き抜けと木の家
  • 柱のない広い空間は子供たちの遊び場もエンドレス

楠亀工務店 Webサイトはこちら

リビングと床がフラットで繋がる玄関土間

玄関から勝手口へと続く土間。当初計画していた間仕切りを思い切って設けず、玄関とリビングには仕切りが無い仕上げとしました。通路ではありますが、リビングの延長として子供達も遊べるようあえて広くし、リビングの床と段差のないフラット仕上げが特徴的です。土間の壁際には収納をずらりと並べ、家全体がすっきりと仕上がっています。収納の扉には全面に黒板塗料を施し、収納場所を書き加えたり、子供のお絵かきの場として喜ばれています。

開放的な通り土間の家[中庭のある家]

従前のお住いが暗かったこともあり、せっかくのSE構法なのだからととにかく開放的で明るい間取りをご希望されました。初回は玄関とリビングの間に間仕切りのあるプランをご提案したのですが、「思い切って壁を無くし、もっと開放的にいこう!」と、玄関ドアの先は、水周りと寝室、収納以外は全く仕切りのない開放的な家に仕上がりました。
大きな吹抜けでワンルームのような空間は、当初壁際に補強の柱が必要とされていましたが、それさえも無くし、6×10mの間には全く柱のない大胆な設計が可能でした。それでいて構造計算して安全なのですから「さすがSE構法!」と言わざるをえません。
奥側が南となる南北に長い敷地で、南側の庭から隣のご実家と行き来されるため、家から奥の庭へ出入りのしやすい間取りとしました。玄関から南側の勝手口へ続く土間が特徴的なお家です。

場所
滋賀県大津市
延べ床面積
130.98m²
敷地面積
160.58m²
コスト
2,500~3,000万円
形態
一般住宅
竣工日
2012年07月

施工工務店データ

株式会社楠亀工務店の施工物件

  • こだわりの間取りとレンガの家

    こだわりの間取りとレンガの家

  • 広いリビングと吹抜けのある家

    広いリビングと吹抜けのある家

  • 螺旋階段のある家

    螺旋階段のある家

  • アメリカンヴィンテージが映える家[中庭のある家]

    アメリカンヴィンテージが映える家[中庭のある家]

  • 緑の中に建つアウトドアリビングの家

    緑の中に建つアウトドアリビングの家

  • 大きな芝生とウッドデッキの家[中庭のある家]

    大きな芝生とウッドデッキの家[中庭のある家]

  • 開放的な通り土間の家[中庭のある家]

    開放的な通り土間の家[中庭のある家]

  • 黒が際立たせるスタイリッシュな家[中庭のある家]

    黒が際立たせるスタイリッシュな家[中庭のある家]

  • モデルハウス 彦根hassakaの家[中庭のある家]

    モデルハウス 彦根hassakaの家[中庭のある家]

施工物件一覧

人気の施工例

他の施工例を探す