重量木骨の家 - 耐震構法SE構法

MENU

ロフトロフトと子ども部屋

ロフトと子ども部屋
ロフトとは、屋根裏部屋のことで、天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部空間のことを指す場合が多いです。建築基準法では、天井高を1.4m以下、床面積を直下の階の2分の1未満に収めるという制限があります。
様々な活用法のあるロフトですが、子どものためのスペースとして活用してみてもいいかもしれません。はしごを昇り降りするロフトは、「秘密基地」のようで、喜んでくれるお子さんも多いようです。ロフトを設ける際の注意点としては、夏場は照りつける太陽の熱をまともに受け止めてしまうので、断熱に気を配ることや、空気のとおりを良くする工夫を考える必要があります。
高いところや小さなスペースは不思議とわくわくするものです。遊び心たっぷりのロフトと子ども部屋の素敵なアイデアをぜひ参考にしてみてください。

ロフトと子ども部屋 施工例

最新の特集はこちら

特集一覧はこちら